hum work!

本業も副業も頑張りたいんだ

[キンクマ]腰(背中)の黒いほくろの正体は“臭腺"だった!?[ゴールデンハムスター]

スポンサーリンク

f:id:paul-hr-san:20190115224459j:image

 

キンクマハムスターを飼い始めてよくよく見てみると

なにやら腰の位置に黒いデキモノのようなものが・・・!

 

ハムスター初心者の人からするとこれってすごく心配になりますよね!

僕もキンクマを初めて飼ったときは「早速病気なんじゃないか」と不安になってしまいました

 

 

しかーし!そんなハムスター初心者のみなさん、ご心配いりません!

 

今回はキンクマハムスターの腰の位置にあるデキモノについて書いていきます!

 

目次

 

 

キンクマハムスターの腰にある黒いほくろの正体は臭腺だった!

 å®å¿ãã¦ãã女æ§ã®ã¤ã©ã¹ã

 

安心してください。それ、臭腺です。

 

病気ではなく、健康なハムスターには必ず見られるものなんです

 

ゴールデンハムスターなら左右対象に、ドワーフハムスターならお腹のデベソのように黒いかさぺたのような臭腺があります

 

 

でも、臭腺てなんなの?

 

 

臭腺はマーキングと交尾に必須!

 

臭腺はその名前の通り、自分の臭いのする分泌液を出すところです

 

なので臭腺のまわりの毛が汗をかいたように濡れてしまうときもあります

 

メスよりもオスの臭腺のほうが立派で、目立ちます

 

マーキング〜体をコスりつける理由〜

f:id:paul-hr-san:20190115223444j:image

 

ハムスターは自分の臭いがするところを自分の居場所と感じ、落ち着くことができます。

ペットショップから家に連れて行くときや、ケージの掃除をするときに、前の床材や巣材を少し再利用すると良いと言われているのはこのためです。

 

ケージ内にいるときやお散歩のときに壁や物に自分の体をコスりつけるような仕草をした時はありませんか?

これ、実は体がかゆいんじゃなくて、臭腺からでる分泌液を擦り付けてマーキングしているんです

 

ハムスターは臭いがしないところでは緊張してしまうので、お散歩させるときはなるべくマーキングできているエリアから徐々に広げていくイメージで散歩させてあげましょう!

 

 

 

臭いで発情させる

f:id:paul-hr-san:20190115224440j:image

 

オスはメスの臭いを、メスはオスの臭いを嗅ぐことによって発情し、交尾を招きます

 

この臭腺が発達するのは大人になった証拠とも言われており、子ハムのときよりも大人ハムになったら目立つようになるんです

 

 

もう子供作れるぜ!ってことですね。